ふたつのアプローチでバストアップを実現する


ふたつのアプローチでバストアップを実現する

バストアップには女性ホルモンの分泌が深く関係しています。

母性本能を揺さぶるような環境に身を置くと、バストのサイズが上がったというデータもあるほどです。

たとえば女性は赤ちゃんの泣き声を聞くと女性ホルモンが分泌されて胸が張るような構造になっています。

男性では味わえない本能のときめきを、女性は持っています。

まず、自分の中での「女らしさ」がどれほどのものか、それを意識することが大切です。


単にバストアップに良いとされるエクササイズをやっていても、意識が「女らしさ」に向いていなければ、それはただの運動で終わってしまいます。

自宅の誰もいない環境でエクササイズをする場合、自分だけで行っているのではなく、自分の意識する男性、たとえば彼氏であったり、いなければ芸能人でもかまいません。

その男性に「見られている」という意識を持ってエクササイズを行うと、効果が格段に変わると言われています。


バストアップはふたつの観点からのアプローチで努力すれば効果が高いといわれています。

まずは肉体的アプローチです。

バストが垂れてくる理由は重力と筋力不足が影響しています。

バストを高く保つには背筋を鍛えることが大切です。

背筋運動は背中を反らすのと同時に胸を張ります。

このとき、意識を背中ではなく胸が上にあがるイメージで行いましょう。

上から胸を引っ張られているような想像をすると良いでしょう。


もうひとつのアプローチは脳からのホルモン分泌をコントロールすることです。

これには相応のトレーニングが必要とも言われていますが、効果的な方法としてヨガや瞑想が推奨されています。


バストのサイズは遺伝だと割り切っている人もたくさんいますが、自分の周りの女性をよく観察してみると良いでしょう。

バストが大きな人とそうでない人では「女らしさ」の意識が確実と言っていいほど違います。

これは脳が体形に合わせた思考回路をつないでいるのではなく、体形が脳に合わせている要素の方が強いそうです。

ホルモンの分泌や興奮作用促すアドレナリンなどは脳の指令で分泌されます。

アドレナリンは瞑想の訓練によって「意図的」に出すことができるようになります。

同じようにトレーニングを積めば、女性ホルモンの量もある程度コントロールできると考えても不思議ではありません。


脳と肉体のコントロールをすることでバストアップは可能です。

妄想の世界は誰にも覗かれることがありません。

部屋でバストアップのトレーニングを行うときは思いきり「女らしさ」を自分に刷り込んで行うことをお勧めします。


胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、

メニュー